ホワイトデーの装飾で売り上げアップ

3月14日のホワイトデーはバレンタインデーにチョコを頂いた男性が女性にお返しをする日としてすっかり定着しています。
しかし時折、男性は一体どこのお店に行って買ったらいいのか、分からなくて困る、という声も聞かれます。
そんな男性客を呼び込むために各店舗ではホワイトデーの装飾に工夫を凝らしています。
商店など個人経営の小さなお店などではそれぞれにお好みの装飾をされているようですが、その際に分かりやすくて目立つデコレーションやポスターをご利用になってみるのはいかがでしょう。
販促品を扱うサイトでは3月14日を盛り上げるため、また営業促進の意味で、分かりやすい看板やのぼりつり物や
デコレーショングッズを販売しています。これらを店舗に掲げることによって、男性客に一目で、店内でホワイトデーの特売をしている事が
分かってもらえますから集客と売り上げ効果がアップする上で大変メリットがあります。

ホワイトデーの装飾はどうしたらよいでしょうか

バレンタインデーでステキなチョコレートをもらった方、お礼はどうしていますか。手作りのお菓子をきれいに装飾してホワイトデーにお返しするのはどうでしょう。手作りのお菓子を作るのが難しいと思われる方、小学生でも簡単に作れるお菓子があるのでチャレンジしてください。マシュマロやナッツ、ドライフルーツ、ビスケットなど合いそうなものをレンジで溶かしたチョコレートに絡めて冷やします。冷やし固めたものを包丁で長細く切ります。ここからがおしゃれになるポイントです。ワックスペーパーが100円ショップで売られています。色々な柄があるので好きな物をチョイスしてください。ワックスペーパーをチョコの3分の2が出るくらいの長さに切ります。横は周囲の1.5倍くらいにしておきます。それをスティック状に切ったチョコに巻き付けるだけでお店で買ったような仕上がりになります。簡単に作れて素敵なプレゼントが出来上がります。

ホワイトデーの効果的な装飾方法

ピンクや赤・ハートなどの装飾が踊りとても華やかで、女性がチョコレートやプレゼント選びを楽しむバレンタインデーが終わると、3月にはお返しのためのホワイトデーが待っています。
バレンタインデーにプレゼントを受け取った男性は、何をお返ししようかと頭を悩ませる季節となります。
普段女性が好むようなかわいらしい小物を売っている店舗に足を踏み入れにくい男性のために、おすすめの品物を集めた特設コーナーを店頭に設置し、大きく目立つように「ホワイトデー」の文字を掲げましょう。
女性向けの店舗にいても、何のためにその場にいるのかはっきりわかるので男性の抵抗感が薄れます。
また、装飾に使うカラーもバレンタインデーの時のようなピンクや赤などの派手な色ではなく、白や青などのさわやかな色の飾り付けをすると男性でも抵抗感なく品物を選ぶことができます。